青物を持ち帰るにはクーラーボックスが必須

青物の締め方

小型のアジやイワシなどなら氷の入ったクーラーボックスに入れるだけで締めることができますが、中型以上の魚は1匹1匹手で締めて血抜きをする必要があります。
基本的な締め方は、エラからナイフを入れて脊髄を断ち切る事で、ブリ、ヒラマサなどの大型魚の場合にはさらに背ビレの付け根にも切れ込みを入れるとよいでしょう。
ナイフを入れたら頭を下にして水の入ったバケツに入れて血を出します。
青物は暴れると血が全身に回ってマズくなるので釣れた魚はすぐに締めた方がよいでしょう。
青物の締め方

持ち帰り方

血が出きったらバケツの海水を入れ替えて魚をキレイにして、ビニール袋などにいれて氷の入ったクーラーボックスで保管します。
青物は痛みが早いので必ずクーラーボックスを使用するべきだと思います。
また、青物はアニサキスなどの寄生虫が多いのでクーラーに入れる前に内蔵をとってしまうのもありです。

おすすめのクーラーボックス

ショアジギングではイナダ、ソウダなどからブリ、ヒラマサまで様々なサイズの青物が釣れますのでクーラーボックスも釣れる魚のサイズに合ったものを選ぶ必要があります。
クーラーボックスには様々な価格帯の商品が存在しますが、特に夏場はしっかりとした性能の製品を選ぶことをおすすめします。
おすすめクーラー