ショアジギングの基本的な仕掛け

通常のメタルジグ仕掛け

ジギングというぐらいですから基本的にはメタルジグを単体で使用することになり、その場合、ライン→リーダー→スナップ(リング)→メタルジグで完成です。
ラインの太さやジグの重さを変えればイナダ(ハマチ)などの中型魚からブリ、ヒラマサなどの大物まで狙えます。
ショアジギング仕掛け

ラインの太さとジグの重さ

ラインの太さ、ジグの重さは釣れてる魚とベイトのサイズ、釣り場の状況(根の有無)、遠投が必要か、などを考慮して使い分けます。目安としてはこんな感じでしょうか。

ラインの号数 リーダーの太さ メタルジグ 対象魚
0.8-1.5号 22-30lb(6-8号) 10-50g イナダ(ハマチ)、サバ、ソウダガツオ、タチウオ、サゴシ、ショゴ
1.5-2.5号 30-40lb(8-12号) 30-80g サワラ、ワラサ、中型までのヒラマサ
3-4号 40-60lb(12-18号) 50-120g ブリ、ヒラマサ、カンパチ、シイラ、小型のマグロ

フック

メタルジグのフックには通常のルアーと同じようにアイに直接ついているフック(ふつうはトリプルフック)と分離式のアシストフックがあります。
青物狙いの場合はフロントにアシストフックを1本つけるだけで十分だと思います。
アシストフック・トレブルフック

スナップまたはリング

ショックリーダーとメタルジグは通常のルアーと同じようにスナップを使うこともありますが、リングを使えばジグを交換する際にアシストフックを結び直す必要がなく、強度も高いので大型青物にも対応できます。

シャウトのWEBサイトより引用
シャウトのWEBサイトより引用

ジグサビキ

少し変わった仕掛けとしてはメタルジグの上部にサビキ仕掛けを装着したジグサビキというのがあり、カマスやサバ、ワカシなど小~中型の魚にはなかなか有効です。サビキはそれ用の幹糸が太いものを選ぶ必要があります。
ジグサビキ

メタルジグ+弓角

弓角は3、4cmほどのプラスチックでできたルアーで、ジェット天秤と組み合わせて使うことが多いですが、メタルジグを代わりに使うこともできます。
青物がシラスなど小さなベイトについていてメタルジグでは大きすぎる時に有効です。
弓角仕掛け