キャロライナリグでアジング

キャロライナリグとは?

キャロライナリグは元々はバスなどのルアーフィッシングで使われて仕掛けで、ラインに中通しオモリを通してサルカンに結び、サルカンのもう一方に20~60cm程のリーダーを結んでその先にフックとワームを付けるというものです。
ソルトルアーフィッシングではアジングやメバリング、カサゴなどのロックフィッシュ狙いに使用されます。
キャロライナ

こんな時に有効

アジングでは、ポイントが遠くアジのいる棚が深めなときにキャロライナリグが効果を発揮します。
足元や近距離で釣れている時はジグヘッド単体で攻める方が効率的です。

ロッドは代えた方がいい?

ジグヘッド単体で攻める場合とは仕掛けの重さも変わってきますので、代えた方が快適に釣りができることは間違いないでしょう。
ジグヘッド単体ではウルトラライトクラスの短めのロッド、キャロライナリグならライトクラスの長めのロッドロッドが最適です。

作り方

リールをロッドにセットしてガイドにラインを通したらその先に中通しオモリ(キャロシンカー)とクッションゴムあるいはビーズを通し、ユニノットなどでサルカンと結びます。
次に20~60㎝程に切ったラインをジグヘッドに結び、もう一方の端をサルカンに結べば完成です。

ラインはPEがオススメ

アジングには、フロロカーボンラインやエステルラインも使われますが、キャロを使って遠投する場合は、飛距離の出やすいPEラインを使用するのがおすすめです。
PEラインを使う場合はリーダーが必要となるので、リーダーにシンカーを通す形になります。

専用のキャロシンカーがおすすめ

キャロライナリグで使用するオモリは一般的な中通しオモリよりもアジングに対応している専用のキャロシンカー(TICTのMキャロがオススメです)を使うのよいと思います。
というのもアジングではフォールが大切なので沈み方がいい感じに調整されている必要があるからです。
キャロシンカー

基本的なアクション

まずは特にアクションをつけずスローペースでただ巻きしていくのがよいと思います。
これで全然釣れないときは、リフト&フィールでアピールしてみましょう。とはいっても派手なアクションは逆効果なので緩急をつけすぎないよう注意して下さい。