アジングの基本的な仕掛け

ライン

アジングに使われるラインはナイロンライン、ポリエステルライン、フロロカーボンライン、PEラインの4種類で、太さはPEラインなら0.2~0.6号。その他なら2~5lbが主に使用されます。
違いは硬さや伸び率で、硬さは、エステル>フロロ>ナイロン、伸び率は、ナイロン>エステル=フロロ>PEといった感じです。またPEラインは強度が高いためより細い糸を使うことが可能です。
アジングの場合は、遠投するならPEそれ以外ならフロロを使うのがおすすめです。

リーダー

リーダーとはリールに巻いてあるラインの先端に接続する別のラインのことです。
アジングの場合、エステルライン、フロロカーボンライン、ナイロンラインを使う時はジグヘッドに直結で大丈夫ですが、PEラインを使う時はリーダーを接続する必要があります。
リーダーにはフロロカーボンを使い、FGノットやノーネームノット、電車結びなどで結びます。長さは根がかりのない釣り場なら40cm、根のキツイ場所なら1m程とるのがよいでしょう。

ワームの種類と色

ワームには、小魚を模したものや甲殻類を模したものなど様々な形があり、色もホワイト、ピンク、赤、緑、透明、ラメ入りなど多様です。
アジングでよく使われるのは、ストレートテールワームやシャッドテールワームで、サイズは1~2.5インチくらいです。色はどれがいいかはその日その時の状況によって違うのでピンク、ホワイト系を中心に数種類用意しておくのがよいでしょう。
アジングワームストレート・シャッド

①ジグヘッド単体仕掛け

アジングで最もよく使われる仕掛けはハリとオモリが一体となったジグヘッドと呼ばれる釣り具にワームを刺しただけのシンプルなものです。
ラインはジグヘッドに直接結んでも大丈夫ですし、スナップを挟んでもオーケーです。スナップはあればジグヘッドを交換する際にいちいちラインを切る必要がなく便利なのですが、アジングの仕掛けは非常に軽いので使う時は専用のものを使うことおすすめします。
アジングジグヘッド単体

②シンカー仕掛け

ジグヘッドとワームだけでは軽いためあまり遠くは攻められませんので、飛距離を稼ぎたいときはジグヘッドの30~60㎝上にシンカーをつけます。
シンカーはガン玉やカミツブシでも大丈夫ですが、専用のものはゴム管でつなげるようになっているのでラインを切らずとも違う重さに交換することができます。
アジングシンカーリグ

⑤フロートリグ

シンカーで飛距離を出せるようになったのはいいですが、仕掛けが重いので中層から表層を狙うのは難しくなってしましました。
そこでアジが浅い棚にいてなおかつ遠投したい場合にはフロート(飛ばしウキ)を使用します。
仕掛けの作り方は簡単で、ラインにフロートとクッションゴムを通したらサルカンに結び、サルカンのもう一方に結んだラインにジグヘッドをつければ完成です。
アジングフロートリグ

④キャロライナリグ

キャロライナリグは、シンカーを追加した仕掛けとよく似ていますが、あちらが固定式なのに対して遊動式なのが特徴です。
この仕掛けに使われる中通しのシンカーは、TICTのMキャロをはじめ専用のものが売られているのでこれを使うのがおすすめです。
アジングキャロライナリグ

⑤メタルジグ

アジはソフトルアーだけでなくハードルアーでも狙うことができます。
ミノーなどでも釣れますが、最もよく使われるのは3~8g程度の小型のメタルジグです。浅い棚では不利ですが、深場に潜む大型のアジにはメタルジグの方が効果的な場合も多いです。
アジングメタルジグ

まとめ

色々な仕掛けがありますが、とりあえずジグヘッド単体を基本として、釣れないときはオモリを追加して広範囲を攻めてみるって感じでいいと思います。
ジグヘッドやワームは、釣り場にある程度の種類を持っていった方がいいのですぐに取り出せるようワームケースを使ってきれいに収納しておくのがおすすめです。