ショアジギングロッドの基本!

ショアジギングロッドとは?

メタルジグと呼ばれる金属製のルアーを使った釣りをジギングといいます。その陸(ショア)バージョンがショアジギングであり、ショアジギング専用に作られている竿の事をショアジギングロッドといいます。
以前は専用のものが無くシーバスロッドなどが使われていたのですが、現在ではショアジギングの人気の高まりとともに各メーカーから様々な製品が販売されています。

必要な長さ

ショアジギングで使われるロッドの長さはだいたい9フィートから11フィートまでです。
ロッドは短い方がルアーの操作はしやすくなりますが飛距離でてにくくなるので、堤防など遠投のいらない釣り場では短め、サーフなど遠投が必要な釣り場では長めのロッドを選ぶのがよいでしょう。
また磯などで足元に根の多い釣り場でも長めのロッドを使うことをおすすめします。

適した硬さ

ショアジギングロッドにはミディアム、ミディアムヘビー、ヘビーなどで表記されたクラスがあり、それぞれ扱うことのできるメタルジグの重さが決まっています(例えばダイワのジグキャスターというロッドではMが10~60g、MHが25~90g、Hが40~120gとなっています)。
イナダやサバなどの中型青物がメインターゲットな場合はMクラスでもで十分ですが、ヒラマサやブリなどの大型青物が釣れる釣り場では十分なロッドパワーを持ったMH~Hの竿を使いましょう。

値段

ショアジギングロッドにも様々な価格帯の製品がありますが、長く使いたいならある程度の値段のロッドを選ぶことをおすすめします。
ショアジギングは割とハードな釣りなので変な竿を引くと使ってる途中の折れてしまったりします(高いロッドでも折れることはありますが…)。

収納にはロッドケースが便利

ショアジギングロッドは通常2ピースか3ピースの並継竿です。
車などで釣り場のすぐ近くまで行ける場合はいいですがそうでないならロッドケースを使用することをおすすめします。
ロッドケース

主なショアジギングロッドの比較

メーカー モデル名 長さ 自重 カーボン 先径/元径 適合ウェイト 価格
メジャークラフト ソルパラSPS-1002H 10ft -80g 10,900円
ダイワ ジグキャスター97MH 2.93m 240g 96% 2.2/15.9cm 35-90g 14,200円
シマノ ソルティーアドバンスS1000M

3.04m 220g 94% 2.1/15.1cm -60g 14,900円
メジャークラフト CRK-1002MH 10ft 20-60g 16,300円
シマノ コルトスナイパーBBS1000MH 3.05m 266g 95.7% 2.2/14.5cm -80g 21,900円
メジャークラフト KGS-1003MH 10ft 20-60g 21,000円

Q、シーバスロッドは使えますか?

ヒラマサ、ブリ、カンパチといった大型の青物を狙う場合にはパワー不足となりますが、岸からよく釣れれる4、50cm程度イナダ(ハマチ)、サバ、ソウダガツオなどの中型青物を狙う場合は問題ありません。
ただ基本的にシーバスロッドの方が扱うことのできるルアーの重量は低いのでロッドのスペック表に記載されている適合ルアーウェイトをオーバーしたメタルジグを選ばないように気を付けて下さい。最近はライトショアジギングといってライトなタックルを使用したショアジギングが人気ですし、ポイントに届きさえすれば軽いメタルジグでもさほど問題はありません。

Q、他の釣りには使えますが?

ロッドのクラスにもよりますが、重めのルアーを使用したシーバス釣りや投げ釣り、サーフトローリング、タコ狙いのエギング(オクトパッシング)なんかに使えると思います。
特に弓角を使ったサーフトローリングは青物がシラスなど小さいベイトを捕食していてジグに反応しない時に有効ですので、弓角とジェット天秤をタックルボックスに忍ばせておくといいと思います。

Q、飛距離がでません…

ポイントが遠い時はそこまで届くか届かないかで釣果が別れるのでショアジギングでは遠投が大切な要素です。
なかなか飛距離が出ない時は、ロッドやラインが適正なものかを考え(無理に長いロッドを使うよりも自分の体格に合ったものを選ぶ方が結果として飛距離が出る)、後は動画などを参考に練習するしかないと思います。