どれがいい?おすすめのエギングロッド!

初心者におすすめの安いロッド

もっと安いロッドもありますが、長く使うならこのくらいの価格帯以上を選ぶのが無難だと思います。

メーカー モデル名 重さ カーボン 先径/元径 全長 エギ 価格
ダイワ リバクラエギング862M 140g 87% 1.6/11.4cm 2.60m 2.5~3.5号 -円
シマノ SALTY ADVANC S806M 120g 94.6% 1.7/11.6cm 2.59m 2.5~4.0号 12,450円
メジャークラフト クロステージCRK-862E 2.60m 2.5-3.5号 12,900円
オリムピック GOSS-862ML-SJ 136g 98% 1.6/11.7cm 2.60m 2.5-3.5号 -円

この中で特におすすめなのはメジャークラフトのクロステージエギングシリーズですね。
メーカーのウェブサイトに重量記載されていませんでしたが軽くて使いやすいと評判でコストパフォーマンスに優れた製品だと思います。

中価格帯のロッド

初心者から上級者まで使える一万円台半ばから2万円台半ばのロッド達です。

メーカー モデル名 重さ カーボン 先径/元径 全長 エギ 価格
ダイワ エメラルダス86M 120g 88% 1.5/10.9cm 2.59m 2.5~4.0号 16,500円
シマノ セフィアBBS806M 97g 95.5% 1.6/12.3cm 2.59m 2.5~4.0号 17,900円
ダイワ エメラルダスMX 86M 110g 96% 1.6/11.9cm 2.59m 2.5~4.0号 24,500円
シマノ セフィア SS R806M 111g 94.3% 1.6/12.3cm 2.59 2.5~4.0号 25,900円
アブガルシア SXES-862MH-KR 120g 2.59m 3.0~4.0号 22,500円
メジャークラフト クロスライドXRS-862E 2.60m 2.5-3.5号 24,800円

このなかで個人的におすすめなのはダイワのエメラルダスですね。取り回しが楽で飛距離のよくでる人気のロッドです。

こだわりの高級ロッド

3万円を超えるお高いロッド達です。扱いに慣れた上級者用ですね。

メーカー モデル名 重さ カーボン 先径/元径 全長 エギ 価格
ヤマガブランクス カリスタ86M/TZ NANO 99g 99.8% 2.57m 2.5~4号 47,000円
エバーグリーン SSSS-86M 110g 2.59m 2.5~4号 42,120円
ダイワ エメラルダスAGS86ML 102g 97% 1.5/10.9 2.59m 1.8~3.5号 49,800円
シマノ セフィアCI4+S806M 94g 99.7% 1.6/13.1cm 2.59m 2.5~4号 37,600円
ブリーデン SWG-SPECIMEN86 122g 2.6m 3.5号 43,900円

どれも高性能なロッドだと思いますが、高感度なヤマガブランクスのカリスタシリーズが私の周囲では人気があります。

安心のインターラインロッド

インターラインロッドはガイドがロットの内部にあって、糸を中に通して使用するロッドのことです。

メーカー モデル名 重さ カーボン 先径/元径 全長 エギ 価格
ダイワ エメラルダス86MI 116g 93% 2.5/11.9cm 2.59m 2.5~4号 18,000円
シマノ セフィア SS SI 120g 98.2% 2.8/12.6cm 2.59m 2.5~4号 28,100円
ダイワ エメラルダス AIR86MI 108g 93% 2.0-11.8cm 2.59m 2.5~4号 46,500円
シマノ セフィアSI S806M 108g 98.2% 2.0/11.8cm 2.59m 2.5~4号 40,000円

インターラインの最大のメリットはガイドに糸が絡んでロッドが折れるという悲惨な事故(エギングでは時々あります)が起こらないところですね。
その代わり少し飛距離が出にくかったり、メンテナンスが面倒だったりします。後、同クラスのアウトガイドロッドと比べるとやや高めです。