徹底比較!おすすめのアジングロッド

初心者にも最適の安いロッド

この価格帯より安いロッドもあるのですが、どうしても粗悪品が多くなりますので、長く使いたいならある程度の値段の物を購入することをおすすめします。

メーカー モデル 全長 自重 カーボン 適合ルアー 価格
ダイワ アジング X 72L-S 2.18m 115g 87% 0.5-8g 12,300円
シマノ SALGS706UL-S 2.29m 90g 78.3% 0.6-10g 10,500円
メジャークラフト SPS-S762AJI 7.6ft 0.6-10g 8,300円
メジャークラフト CRK-S732AJI 7.3ft 0.6-10g 12,200円

この中で特におすすめなのがメジャークラフトソルパラシリーズのアジング専用モデルです。
実売価格は7,000円前後と激安で、十分な性能と耐久性を兼ね備えたコストパフォーマンスに優れた製品なので初心者には丁度いい感じだと思います。

中価格帯のロッド

1万円台なかばから2万円台なかばのこの価格帯は商品数も多く、初心者から上級者まで使えるすぐれた製品が数多く存在します。

メーカー モデル 全長 自重 カーボン 適合ルアー 価格
ダイワ 月下美人AJING71UL-S 2.16m 91g 90% 0.5-4g 14,200円
シマノ SoareBBアジングS704LS 2.24m 76g 98.9% 0.5-12g 15,000円
メジャークラフト SKR-S742AJI 7ft 0.6-10g 15,500円
アブガルシア STAS-692LS-KR 2.06m 93 98% 0.2-5g 16,500円
シマノ SoareSSアジングS704LS 114.9m 77g 99.6% 0.6-12g 26,000円
ダイワ 月下美人 MX AJING64.5L-S 1.94m 70g 96% 0.5-8g 26,500円
ヤマガブランクス BC68-Ⅱ 2.04m 68g 94% 0.3-5g 21,000円
オリムピック GORTS-672L-HS 2.01m 70g 99.8% 0.5-5g 27,000円

特に人気なのがメバリングでも人気のダイワから出ている月下美人シリーズです。
取り回しがらく、軽くて使いやすいと評判でノーマルタイプなら1万円少しと意外とお手頃な値段で購入できます。

高級ロッド

こだわりの強い人向けの3万円を超える高価格帯のロッドたちです。

メーカー モデル 全長 自重 カーボン 適合ルアー 価格
ダイワ 月下美人AGS AJING73L-S 2.21m 75g 99% 0.6-10g 46,400円
シマノ ソアレCI4+アジングS704LS 2.24m 74g 99.2% 0.6-12g 36,400円
TICT UTR-67smr 2.03m 65g -% 0.3-5g 39,000円
ヤマガブランクス BlueCurrent 72/TZ 2.19m 63g 99.6% 0.2-5g 35,000円

正直この価格帯の竿はあまり触ったことがないのでよくわかりません(笑)。
誤って折ってしまった時の修理費も高くつくのでよほどお金に余裕がある場合を除いて初心者がいきなり買うのはやめておいた方がよいでしょう。

レビュー(クロステージCRS762)

クロステージCRS762
私のアジング用に使っているロッドは、メジャークラフトのクロステージCRS762です。
元々は、テトラ帯でのメバリング用に購入したものを今は港湾をメインにアジング用に流用しています。
チューブラーティップでロッドの自重も軽く使いやすいのですが、もう少し全長が短い方がより使いやすかったかなと思う事もありますが、
足場の悪い場所でも釣りをする機会がありますので、やはりこの長さが私にとっては最適なのだと感じています。
このロッドは、アジからの魚信を手元で感じ取りやすく、釣れたでは無く、自分で釣ったと思えるところがお気に入りです。やはり、いつの間にか釣れていたというよりも、アワセに行って釣った方が楽しいですよね。
また、今はフロロラインを使っていますが、以前はPEラインで釣っていました。その時もトラブルはなかったので、コストパフォーマンスは最高のロッドだと思っています。
今現在、私の地域では大アジが釣れていますので、今まさにこのクロステージが大活躍しています。