ショアジギングにはどんなリールが最適?

スピニングとベイト

海のルアーフィッシングで使われるリールには主にスピニングリールとベイトリールの2種類があります。
ショアからの釣りではスピニングリールの方が一般的ですが、ベイトリールを好む人もおり、ショアジギングでもベイトリール用のロッドが販売されています。
ベイトリールは太いラインや重い仕掛けを扱うのに適きしていているといわれますが、キャスティング時に上手くコントロールしないとバックラッシュと呼ばれるライントラブルが発生するなど扱いが難しいところがあるので初心者の方にはスピンングリールをおすすめします。
ベイトリールとスピニングリール

番手

リールのサイズはおおそよ1000番~20000番までの番号で表記されています(同じ番号でもメーカーによって若干大きさが違う場合あり)。
イナダ(ハマチ)、ソウダガツオ、サバ、ワラサ、ブリ、ヒラマサといった魚を狙ったショアジギングで使用されるラインはPEの1~4号ぐらいなのでリールは必要なラインが150m以上巻ける4000~6000番のものを選ぶのがよいでしょう。
遠投しては回収を繰り返す釣りなのである程度スプール径の大きいリールがおすすめです。使うラインに対して糸巻き量が多すぎる場合はいらないラインを下巻きして対応します。

ハイギアのメリット

リールにはギア比というものがあって、ハンドルを1回転させた時にスプールが何回転するかを表し、この比が高いものをハイギア、低いものをローギア(ノーマルギア)といいます。
ハイギアリールの利点は1回転で多くのラインを巻きとることができるため仕掛けを素早く回収できることにあります。ショアジギングは遠投して早巻きする釣りですのでハイギアリールを使うメリットは大きいと思います。

ドラグ性能

ドラグというのは魚が掛かってラインを引きリールに一定の負荷が掛かった時にスプールが逆回転して自動でラインが出ていくようにした機構の事で、通常スプールの上部についているドラグノブを回すことでどの程度の負荷で回転しだすかを調整することができます(最大値はリールごとに決まっています)。
特にブリ、ヒラマサといった大型の青物を狙う場合はしっかりとしたドラグ性能をもつリールを選びましょう。

ダイワのリール

ダイワのリールの中からショアジギングに使えそうなものをいくつか選んでみました。

メーカー モデル名 自重 巻取り ギア比 最大ドラグ 価格
ダイワ ヴァデル4000H 415g 101cm 5.7 8kg 20,500
ダイワ ブラスト4020PE-SH 425g 110cm 6.2 8kg 30,800円
ダイワ キャタリナ4000H 435g 102cm 5.7 10kg 57,000円

シマノのリール

シマノのリールの中からショアジギングに使えそうなものをいくつか選んでみました。

メーカー モデル名 自重 巻取り ギア比 最大ドラグ 価格
シマノ スフェロス SW5000HG 495g 97cm 5.7 11kg 16,800円
シマノ AR-Cエアロ 5000HG 330g 104cm 5.8 9kg 20,000円
シマノ バイオマスターSW5000XG 315g 105cm 6.1 11kg 29,400円
シマノ ツインパワーSW5000XG 395g 105cm 6.2 13kg 57,800円