メバリングに使えるリールについて

スピニングかベイトか?

ソルトルアーフィッシングに使用されるリールには、主にスピニングリールとベイトリールの2種類があり、メバリングでも両方使われることがあります。
しかし、ベイトリールは軽い仕掛けを投げるのが難しく、キャスト時に糸の出を指で上手く調整しないとバックラッシュと呼ばれる糸がらみが発生してしまうため初心者の方にはスピニングリールをおすすめします。
なおベイトリールを使用する場合はロッドもベイトモデルのものを使った方がよいと思います。
スピンングリールとベイトリール

メバリングに適した大きさ(番手)

リールのサイズは1000~10000番ぐらいまでの番号で表記されており、メバリングで使用されるのは主に1000~2000番のリールです。ただ同じ番号でもメーカーによってサイズが違う場合もあるので詳しくは巻くことのできるラインの量を見るといいとおもいます。
メバリングでは、ナイロン、フロロカーボン、エステルなら2~8lb、PEなら0.3~0.8号のラインを使用するので、使いたいラインが100m巻ければ大丈夫です。

ハイギアとノーマルギア

ギア比というのはハンドルを1回転させた時にスプールが何回転するかを表したもので、この数値の高いリールのことをハイギアリール、低いもののことをノーマルギア(ローギア)リールと呼びます。
ハイギアのリールを使うメリットは素早くラインは巻き取れることにあり、遠投する釣りや早いアクションをする釣りで好まれますが、メバリングはそのどちらでもないので特にこだわりがなければノーマルギアでいいと思います。

ダブルハンドル

通常にスピニングリールではハンドルの片側にのみ延びてていますが、両側にノブのついているダブルハンドルというものも存在します。
ダブルハンドルのメリットとしては、バランスがいい、止めた時に勝手にハンドルが回らない、巻きやすい、などが挙げられます。シングルハンドルとどちらが使いやすいかは人によると思うので興味があったら釣具店などで手に取って回してみて下さい。
ダブルハンドルリール

ドラグ

ドラグとは一定の負荷が掛かった時にスプールが逆回転して自動にラインが出ていく機能のことで、スプール上部のドラグノブを回すことである程度強度を調整できます。
メバル相手ではドラグの設定にそれ程神経質になることはありませんが、シーバスなどの大物が不意にかかることもあるのでしっかりとしたドラグ性能のリールを選びたいところです。

シマノのリール

シマノのリールの中からメバリングに使えそうなものをいくつかピックアップしてみました。

メーカー モデル 自重 巻取り量 ギア比 ドラグ力 価格
シマノ ナスキーC2000 210g 66cm 5.0 5.0kg 11,400円
シマノ アルテグラC2000S 190g 66cm 5.0 3.0kg 15,300円
シマノ ソアレBBC2000PGSS 190g 57cm 4.3 3.0kg 16,800円

ダイワのリール

ダイワのリールの中からメバリングに使えそうなものをいくつかピックアップしてみました。リールはロッドと違ってこの2大メーカーが圧倒的なシェアを持っています。

メーカー モデル 自重 巻取り量 ギア比 ドラグ力 価格
ダイワ レブロス 2004 235g 64cm 4.8 2kg 8,200円
ダイワ フリームス 2004 250g 64cm 4.8 2kg 15,800円
ダイワ カルディア 2004 205g 64cm 4.8 2kg 25,000円

もっと安いリールもありますが、長く使いたいならある程度の価格帯のリールを選ぶことをおすすめします。