エギングにはどんなリールが適してる?

スピニングリールとベイトリール

ソルトルアーフィッシングで使用されるリールには主にスピニングリールとベイトリール(両軸リール)の2種類があります。
エギングではスピニングの方がメジャーですが、中にはベイトタックルを使う人もいます。
しかし、ベイトリールは上手に投げないとバックラッシュと呼ばれる糸がらみが発生して扱いが難しいので初心者の方にはスピニングリールを使うことをおすすめします。ということで以下はスピニングリールについての話です。
ベイトリール

エギングに適したリールのサイズ(番手)

スピニングリールには当然様々な大きさのものがあり、サイズはだいたい1000番~10000番の番号で表記されています。しかし、同じ1000番でもメーカーによってサイズが異なる可能性があるので詳しくは糸巻き量をみて確認するのがよいでしょう。
エギングでは、使用するラインが150m程度まける2500~4000番のリールが主に使われます。

ハイギアリール

ギア比はハンドルを一回転させた時にラインの巻いてあるスプールが何回転するかを表したもので、ギア比の高いものをハイギア、そうでないものをノーマルギア(ローギア)といいます。
ハイギアリールのメリットとしては、1回転でより多くのラインを巻けますのでルアーやエギを素早く回収できるということが挙げられます(その代わりハンドルの回転は重くなります)。
エギングはそれほど早巻きが必要とされる釣りではないので特にこだわりがなければノーマルギアでよいと思います。

ハンドルの問題

スピニングリールのハンドルはたいてい取り外せるようにできていて、右側にも左側にもつけることが可能であり、右ハンドル派の釣り人と左ハンドル派の釣り人が存在します。
エギングの場合、ロッドの操作が重要となってきますので、利き腕でロッドを持ち、もう一方の腕ででリールを回すのがおすすめです。
またエギング用のリールにはノブが両側についたダブルハンドルというものが存在します。これには、ハンドルをつかみやすい、指ではじきながら巻ける、ハンドルが勝手に回らないなどのメリットがあり好んで使用する人もいます。
シングルハンドル・ダブルハンドル

ドラグ

ドラグというのは一定の負荷がかかった時にスプールが自動で逆回転してラインが出ていくための機構で、リール上部のドラグノブを回すことでどの程度の負荷で回転するのかを調整することができます。
エギングでもこの機能は重要で、適切(ライン強度の3分の1が目安)にドラグを調整しておくことでイカが掛かった時に身切れしてバレるのを防いでくれます。
リールを選ぶ際は、滑らかにしっかりと機能するドラグを持ったリールを選びたいところです。

値段

スピニングリールには2、3000円の格安品から5万円を超えるような高級品まで様々な価格帯の製品が存在します。
細いPEラインを使うことの多いエギングでは変なリールを選ぶとライントラブルが多発して釣りにならないということもあるので、ある程度の価格のリールを選ぶことをおすすめします。
特に最初からラインが巻いてあって山積みになっているようなリールは選ばない方が無難です。

シマノのリール

リールはロッドと違ってシマノ、ダイワの2大メーカーが圧倒的なシェアを持っています。シマノのリールのなかでエギングによく使われるものをいくつかご紹介します。

メーカー モデル名 自重 巻取り ギア比 最大ドラグ 価格
シマノ ナスキー2500 270g 73cm 5.0 8.5kg 12,000円
シマノ アルテグラ2500 240g 73cm 5.0 9kg 16,300円
シマノ セフィア BB C3000S 245g 73cm 5.0 9.0kg 17,900円
シマノ セフィアSS C3000S 210g 73cm 5.0 9.0kg 26,000円

ダイワのリール

同じくダイワのリールの中からエギングによく使われるものをいくつかご紹介します。

メーカー モデル名 自重 巻取り ギア比 最大ドラグ 価格
ダイワ レブロス2500 250g 72cm 4.8 4kg 8,600円
ダイワ FREAMS2500 265g 72cm 4.8 7.0kg 16,300円
ダイワ エメラルダス 2508PE 235g 72cm 4.8 7kg 19,500円
ダイワ エメラルダスMX 2508PE 210g 72cm 4.8 7kg 29,500円

ちなみに上の画像はダイワのエメラルダスシリーズです。