アジングにはこんなリールが最適★

スピニングとベイト

ソルトルアーフィッシングで使用されるリールには主にスピニングリールとベイトリール(両軸リール)の2種類があります。違いは画像を見てもらえばわかると思いますが、構造が全然違います。
ベイトリールは糸よれが発生しづらく、力ずくスピーディーに巻けるなどのメリットがあるのですが、一方投げるのが難しく失敗するとバックラッシュと呼ばれる糸がらみが発生するというデメリットがあります。
アジングでもベイトリールを使用する人はいますが、軽いルアーを使用するアジングでは扱いが難しくなると思うので、特に初心者の方にはスピニングリールをおすすめします。
スピンングリール・ベイトリール

アジングに適したリールの大きさ(番手)

リールの大きさは通常1000~10000ぐらいまでの番号で表現されるのですが、やっかいなことに同じ1000番でもメーカーによってサイズが異なっている場合があるので注意が必要です(シマノの1000番はだいたいダイワの1500番相当)。
いずれにせよアジングに使われるリールの番手は、使用するラインを100m以上巻くことのできる1000番~2500番となります。
リールを小さくすればタックル全体の重量を軽くすることができますが、あまり小さいと扱いにくいので初めてなら2000番のリールを選ぶことをおすすめします。

ライン

リールとは別にナイロン、PE、ポリエステル、フロロカーボンのいずれかの素材のラインを買ってリールに巻くことになります。太さはナイロンなどで2~5lb、PEラインでは0.2~0.6号といったところです。
最初からラインが巻いて売っているリールもありますが、巻き癖がついている場合が多いので買わないようにしましょう。
細いPEラインを巻く場合は、そのままだとスプールが一杯にならないことがあるのでナイロンラインなどを下巻きしておくのがおすすめです。

ハイギアとローギア

リールのカタログ値のひとつにギア比というものがありました、ハンドルを一回転させたときにスプールが何回転するかを表し、これが高いリールをハイギア、低いリールをローギア(ノーマルギア)といいます。
例えば2004Hのように商品名の最後にHがついていれば、そのリールH=ハイギアということです。
ハイギアのリールは回転させるのに力がいる一方1回転でより多くのラインを巻くことができるので、仕掛けを早く回収したり素早いアクションを付けたりすることができます。
ですがアジングは、それほど遠投する釣りではありませんし、早巻きすることも少ないと思うので特にこだわりがなければノーマルギアでいいと思います。

値段

スピニングリールには2、3000円の格安品から5万円を超えるような高級品まで様々な価格帯の製品が存在します。
高い程いい製品とは限りませんが、安すぎるリールはトラブルが多発したりすぐに壊れてしまうことが多いので、長く使いたいならば定価で8000円以上するものを購入することをおすすめします。

シマノのリール

シマノのスピニングの中からアジングに使えそうなものをいくつかピックアップしてみました。

メーカー モデル 自重 巻取り量 ギア比 ドラグ力 価格
シマノ ナスキーC2000 210g 66cm 5.0 5.0kg 11,400円
シマノ アルテグラC2000S 190g 66cm 5.0 3.0kg 15,300円
シマノ ソアレBBC2000PGSS 190g 57cm 4.3 3.0kg 16,800円
シマノ ソアレ CI4+C2000PGSS 160g 57cm 4.3 3kg 34,200円

※ドラグは一定の負荷がかかった時にスプールが回転して自動で糸が出ていくようにできる機構のことで、ドラグ力は耐えうる限界の力を表します。

ダイワのリール

ダイワのスピニングの中からアジングに使えそうなものをいくつかピックアップしてみました。

メーカー モデル 自重 巻取り量 ギア比 ドラグ力 価格
ダイワ レブロス 2004 235g 64cm 4.8 2kg 8,200円
ダイワ フリームス 2004 250g 64cm 4.8 2kg 15,800円
ダイワ カルディア 2004 205g 64cm 4.8 2kg 25,000円
ダイワ 月下美人2004 195cm 64g 4.8 2kg 34,000円