アジングは釣れない!?

サビキ釣りとアジングはどちらが釣れるか?

漁港や磯からアジを釣りる方法としては、アジング意外にサビキ釣りやカゴ釣りが考えられますが、それらと比べてアジングはよく釣れる釣法なのでしょうか?
私の数少ない経験から断定するとアジングはエサ釣りよりも釣れません(笑)。
その最大の理由は、コマセを使ってアジを集めることができない点にあるのではないでしょうか。つまりアジのいる場所を探し出してそこにワームを投入しないとどうにもならないわけです。
これはアジがちらばっていることの多い日中には特に不利なことのように思われます。
しかしアジングにもいいところはいっぱいあります。道具は少なくて済みますし、手は汚れないですし、何より釣っていて楽しいです(笑)。

釣れない時に考えること

まずはその釣り場で過去の釣果実績があって今が釣れる時期であるのかを確認しておきましょう。
アジの多くは群れで回遊しているので群れが入ると急に釣れだし、いなくなるとパタンと釣れなくなることはよくあるので、ブログやツイッターでなるべく鮮度の高い釣果情報を仕入れておくのがおすすめです。
周りが釣れていて自分だけ釣れない場合は、周りの人の使っているワームのサイズや色、あるいはアクションのつけ方を観察して参考にしてみましょう(周りがエサ釣りばかりなら無理ですが…)。

あきらめる

釣りは自然が相手なのでどんなにうまい人でも釣れない時は釣れません。
しばらく粘っても何の反応もない時は、諦めて釣り場を移動するのがおすすめです。
アジング(というより釣り一般)では、道具や技術よりも魚のいる場所を見つけることの方がはるかに重要ですので、とにかくアジのいるポイントを探しましょう。
時間帯的には早朝と日没後の数時間が最大のチャンスタイムです。