美味しく持ち帰るためのイカの締め方!

締めるタイミング

イカ(というか魚一般)は暴れたり強いストレスを与えるとうまみ成分が生成されず味が落ちるといわれています。新鮮な方が美味しいというイメージからかスカリなどで魚をいかしておこうとする人がいますが無駄な苦痛を与えるだけで味は落ちますので、釣れたら素早く〆ましょう。

道具はピック、ナイフ、ハサミなど

イカは魚と違って深く切る必要はありませんからナイフ、割りばし、ハサミなど様々な道具で締めることができます。だだ専用のピックを使うのが一番楽だと思います。
イカ締め道具

締め方

アオリイカ、ヤリイカ、コウイカなどのイカ類は軟体動物であるため脊椎がなく、普通の魚の様な方法で締めることはできませんので、目と目の間のやや上方にある神経の集中している部分を尖ったもので突き刺して締めます。
大型のイカの場合は一回で全身が上手く締まらない場合が多きので、ピックを最初胴体側に向かって斜めに入れ、次に足側に向かって斜めに(角度を変えるだけで入れる場所は同じです)入れて締めます。
イカは締めると色が白色に変化するのでちゃんと締まっているかはすぐにわかると思います。
イカの締め方

クーラーボックスで保存

締め終わったイカはビニール袋やジップロックに入れて氷の入ったクーラーボックスに入れます。
直接クーラーボックスに入れるのは水っぽくなってしますのでダメです。またスミが漏れることもよあるのでビニールはきちんと縛っておきましょう。