ライトショアジギングとはなにか?

ライトショアジギングとは?

ライトなタックルで行うショアジギングのことをライトショアジギンといいます。どこまでがライトなのかについて明確な定義はないとおもいますが自分のイメージとしては、10~30g程度のメタルジギを使うショアジギンを指しています。
サーフや堤防からイナダ(ハマチ)、サバ、ソウダガツオ、ショゴ、タチウオなどを狙う時は、このライトショアジギングでこと足りる場合も多く、ロッドも細目のものを使うだけにダイレクトなアタリが楽しめます。

タックル

ロッド

ミディアムクラスのショアジギングロッド、シーバスロッド、エギングロッドなどを使用。

リール

3000~4000番程度のスピニングリールを使用。

ライン・リーダー

0.8~1.5号のPEラインに22-30lbのナイロンまたはフロロカーボンラインをリーダーとして結んで使用。リーダーの長さは1.5mが標準。

メタルジグジグ

10~30g程度のジグを使用。エギングロッドやシーバスロッドを使用する場合は適合ルアーウェイトをオーバーしないように注意。
ライトショアジギングタックル

釣り方

釣り方は基本的に通常のショアジギングと同じで問題なく、ジグをキャストして沈めたら、ただ巻きするなり何らかのアクションを加えるなりしていけばオーケーです(→ショアジギングのアクション)。
ただエギングロッドなどを使用している際は抜き上げは控えてタモを使って取り込んだ方がよいでしょう。