メバリングでの基本的な釣り方

昼の釣り方

メバリング日中の釣り方
日中のメバルは夜のように活発に動き回ることは少なくテトラポッドや海藻などの物陰に潜んで大人しくしている場合がほとんどです。
そこで昼間にメバルを狙う場合は、根掛かりに注意しながらこういった障害物のまわりでワームやカブラをチョコチョコと上下させて誘います。メバルがヒットするとすぐに根にも潜ろうとするので素早く浮かせましょう。
ハードルアーで狙う場合も同様にボトムを意識して攻める必要があります。

夜の釣り方

メバリング夜の釣り方
夜はメバルが泳ぎ回っている場合が多く、キャストして仕掛けを沈めたら後は一定の層をただ巻きで引いていくのが基本的な釣り方となります。
どの層がいいかは日や場所によってちがいますが、リールを巻くスピードは超スローが基本です。これで一向にアタリがない場合は軽くリフト&フォールさせるなどして誘いを入れてみるのがよいでしょう。
遠投するためにフロートやキャロを使った場合も同様に基本はスローペースでのただ巻きとなります。
また夜はメバルのエサとなる小魚が集まっていることの多い常夜灯周りもの好ポイントで、こいったところでは足元にジグヘッドを沈めて適当に上下させてやればアタってきます。

取り込み方

メバルはテトラ帯や岩礁帯など障害物の多いところを好んで生息しますので、ヒットした後は素早く寄せないと根に潜られてしまいます。特に日中にテトラの穴や根周りを狙う際は要注意です。
メバルは大きくてもせいぜい30㎝程度の小型の魚なので取り込みはロッドでの抜き上げで問題ありません。

締め方・持って帰り方

メバルは比較的生命力の強い魚なので、氷水の入ったクーラーボックスに入れておくだけではなかなか死にません。ですので面倒かもしれませんが、一匹一匹エラからナイフを入れて脊髄を断ち切って締めるのがよいと思います。
締めたらしばらくバケツに入れて血抜きしてからクーラーボックスで保管することで美味しく持ち帰ることができます。バケツで活かしておくのは無駄な苦痛を与えるだけなので締めるならすぐ締め、リリースするならすぐにリリースするようにしましょう。