エギングにおける基本的な釣り方

シャクってリフト&フォール

エギングシャクリ
エギングで最もよく使われるアクションがこのシャクリだと思います。
まずキャストしたらエギをしっかりボトムまで沈め、エギが着底したらロッドを煽ってエギを浮かせます。後は再びボトムまでフォールさせ、これを繰り返します(イカが浮きぎみな時は中層でシャクってもオーケーです)。
アオリイカは好奇心旺盛なのでこうした派手なアクションによく反応します。

ただ巻き

エギングアクションただ巻き
あまりイメージがないかもしれませんが条件が合えばアオリイカはリールをだだ巻きしてエギを一定の層で棒引きしていくだけでも釣れます。
小イカの多い秋は中層を時々止めて抱き着くスキを与えながら引き、大イカの釣れる春はボトム付近をスローで引いていくのがよいと思います。この釣り方はコウイカなどにも効果的です。

アワセ

イカはエギに抱き着くと横に走ったり、下に潜って行ったりしてアタリが出るのでロッドを軽く煽って(強すぎると身切れをおこす可能性があるので注意)アワセを入れてしっかりとフッキングさせます。
フォール中にアタリがあるとすぐには気がつかない場合もあるのでラインの動きをよく観察しておきたいところです。
ボトム付近を棒引きしている際は急に重くなり、根がかりか?と思ったらイカが乗っている場合が多いです。

取り込みはタモかギャフ

イカがフッキングしたら、エギには返しがないため常ねに一定のテンションをかけながら岸によせます(大型の場合はドラグを活用して身切れしないよう慎重に寄せましょう)。
秋に釣れる小型のアオリイカなどはそのままロッドで抜きあげても問題ありせんが、キロを超えるような大物を取り込む際はタモ網かギャフを使う必要があります。
ギャフはイカの体に大きなダメージを与えてしまうので、持ち帰って食べる場合のみ使用したいところです。
タモ網・ギャフ

締め方

イカ類はどれも美味しいのでせっかく釣ったいかは持って帰って食べたいところです。
アオリイカ、ヤリイカ、マダコ、イイダコと言った軟体動物には脊椎がないので普通の魚のようなやり方で締めることはできませんが、目と目の間のやや上方に神経の集中している部分があるので、ここを箸やピックなどの尖ったもの(専用のピックもあります)で突き刺せばオーケーです。
アオリイカの場合色が褐色から白く変わっていくのでちゃんと締められたかすぐにわかると思います。