アジングに使われるワームについて

アジングに使われるワームの種類

ワームには、全身が真っすぐのストレートテールワーム、小魚をもしたシャッドテールワーム、甲殻類を模したホッグワーム、尾が鉤形に曲がったカーリーテールなどがありますが、アジングでは主に、ストレートとシャッド系のワームが使用されます。
アジングワームの種類

サイズ

アジングで使われるワームのサイズはおおそそ1~2.5インチ(2.54~6.35㎝)となっています。
釣れているアジのサイズやその釣り場にいるベイトの大きさに合わせて調整するのがよいでしょう。
大きすぎるとアタリがあってもハリがかりしないことが多くなるのでご注意下さい。

カラー

アジングで使われるワームには、ホワイト、ピンク、レッド、グリーン、イエローなどがあり、透明、半透明、グロー(蛍光塗料が塗られ発光する)、ラメ入りっといった違いもあるので実に様々なバリエーションが存在します。
昼はベイトに近いナチュラルなカラー、夜はグロー系がよいなどといわれますが、その時々によって変わりますので何種類か持っておいて試してみるしかないと思います。個人的にはピンクのクリア系がオススメです。

ワームのつけ方

アジングの場合は頭から真っすぐ刺して、根元まで到達したらハリを出すのが基本的なワームの付け方となります。右のようにチョン掛けするとワームがよく動くのでアピールは高くなりますが、その代わりハリ掛かりしづらくなります。
ワームの付け方

収納ケース

アジングでは、サイズや形、色を変えて何種類ものワームとジグヘッドを用意するのが普通なので、これをキレイに収納しておくことのできるワームケースがあると便利です。
ただしガルプのよう液体に浸かっているタイプのワームは密閉タイプのケースではないと漏れてしまうので注意が必要です。

おすすめのワーム