メバルが釣れるワームはどれだ?

ワームの種類

ワームには色々な形があり、代表的なところでは、全身が真っすぐのストレートテールワーム、小魚をもしたシャッドテールワーム、甲殻類を模したホッグワーム、尾が鉤形に曲がったカーリーテールワームがあります。
このどれもメバリングで使用することは可能ですが、(特に夜釣り)でよく使われるのはストレートテールとシャッドテール系のワームだと思います。
メバリングワーム種類

メバリングに適したワームのサイズ

ワームの長さはインチで表記されていることが多く、メバリング使われるのは1.5~4インチ(cmに換算すれば3.81~10.16cm)程度のワームとなります。
釣れいているメバルのサイズが大きければ長めのワームでも問題なく喰ってきますが、小メバル相手に長いワームだとアタリはあってもなかなかフッキングしないので、その時釣れているメバルのサイズに合ったものを選びましょう。

カラー

レッド、オレンジ、ブルー、ピンク、ブラック、グリーン、イエローなどワームには実に様々な色があり、透明、半透明、ラメ入り、グロー(夜光)などといった違いもあります。
日中や月明りのある日の夜釣りではベイトに近いナチュラル系のカラー、暗い日の夜釣りではアピールの強いカラーやグロー系などといわれますが、その時々の状況にもよりますので何色か持って行って釣れない時は色々試してみるしかないと思います。

ワームの付け方

メバリングの場合は頭から真っすぐ刺して、根元まで到達したらハリを出すのがスタンダードなワームの付け方となります。右のようにチョン掛けするとワームがよく動くのでアピールは高くなりますが、その代わりハリ掛かりしづらくなります。
ワームの付け方

収納にはワームケースが便利

ワームやジグヘッドは何種類も釣り場に持っていくのが普通ですから袋のままでは取り出しに不便ですので、専用のワームケースを使うことことをおすすめします。
ワームケースは様々な製品が販売されていますが、ガルプのよう液体に浸かっているタイプのワームは密閉タイプのケースではないと漏れてしまうので注意が必要です。
メバリングワームケース

主なメバリング用ワーム一覧

各メーカーから様々なワームが発売されていますが、主なところをまとめてみました。
メバリングワーム一覧

  • エコギア(パワーシラス、ストローテールグラブ、パワーシャッド…)
  • ママワーム(スリムクローラー、フィッシュ、シュリンプ…)
  • ガルプ(ベビーサーディン、ベイビースクイッド、サンドワーム…)
  • 月下美人シリーズ(ビームスティック、フレアービーム、ツインビーム…)
  • オフト(スクリューテールグラブ 、ファットスクリューテールグラブ…)
  • ジャッカル(メバル節、 ペケリング…)

 
初心者の方には下のように数種類のジグヘッドやワームがセットになっている製品もおすすめです(これならワームケーズを買う必要もありませんね)。
メバリングワーム・ジグヘッドセット