アジングで使えるメタルジグについて

フック

アジングメタルジグ
用語がよくわからないのですが、アシストフック=ワイヤー付きのフック、シングルフック=普通の1本針、トレブル(トリプル)フック=3本が一体になったハリとしておきます。
メタルジグのフックのバリエーションは、リアのトレブルフックのみ、リアトレブルフックにフロントアシストフック、アシストフックのみなど様々です。
アジングの場合も色々なパターンが使われていると思うのですが、個人的には、アジは口が大きくないですし、根掛かりもいやなのでリアのシングルフック(またはアシストフック)のみがオススメです。

重さ

アジングで使われるメタルジグの重さは、3g~10gぐらいになります。アジのサイズにもよりますが、やはり小さめの方が反応がいい傾向にあります。

カラー

ピンク系、ブルー系、グリーン系、ホワイト系、イエロー系など様々な色のルアーが発売されておりますが、特にこれが抜群に釣れたという経験はありません。何種類か持っておいて釣れないときは代えてみるのがよいでしょう。

ロッドとライン

ロッドは適合ルアーウェイトの範囲内であれば普段使っているアジングロッドを使って問題ありません。ただウルトラライトクラスよりはライトクラスで、長めのロッドの方が使いがってがいいと思います。
ラインは遠投に有利なPEラインを使うのがおすすめです。その場合はフロロカーボンのリーダーを結ぶことを忘れないよう注意して下さい。

釣り方

投げて任意の深さまで沈めたら、一定のスピードでただ巻きしてするか軽くリフト&フォールさせる感じが基本になります。あまり派手なアクションは逆効果な気がするのでソフトにいきましょう。
ジグヘッド+ワームとどちらがよく釣れるかといわれれば、ワームの方がよく釣れると思いますが、日中にはメタルジグが有利の場合もあります。

おすすめのアジング用メタルジグ