アジングにはリーダーが必要?

リーダーとは?

リーダーとは?
リーダー(ショックリーダー)とはリールと繋がっているライン(道糸)の先端に接続する別の種類あるいは太さのラインのことです。リーダーをつける目的はだいたい以下のようなことにあります。

  • 衝撃に弱い、結束強度が弱いなどの道糸の弱点を補う
  • 根と触れる可能性のある先端部を太いラインにすることで切れにくくする
  • 先端部を太いラインにすることで歯のするどい魚が掛かっても切れにくくする
  • キャスト時にかかる高い負荷に耐える→投げ釣りの力糸

PEラインではリーダーが必須

アジングでは、PEライン、ナイロンライン、フロロカーボンライン、エステルラインが使われることがありますが、この内PEラインを使用する場合にはリーダーが必須となります。
というのもPEラインは、スレに弱い、延びなさ過ぎてアジが掛かった時に口切れを起こしやすい、熱に弱く直接アイに結ぶと摩擦熱で切れる等の弱点があるためです。

他のラインでもリーダーを使う人も

フロロ、ナイロン、エステルを使用する場合は、基本的にリーダーは不要だと思いますが、極細のラインを使う時にはアジの口で切れてしまうのを防ぐためにリーダーを使うことがあります。
またエステルラインはPEラインと同じように延びにくいのでバラシ防止の目的でリーダーを使う人もいます。

太さ(号数)と素材

アジングで使われるリーダーの太さは、1.5lb~6lb(0.3号~1.5号)ぐらいまでであり、素材はフロロカーボンがメジャーです。
1号ぐらいを標準に使用するラインとのバランスや釣り場の状況を考えて選ぶのがよいとおもいます。

長さ

好みや使用する仕掛けにもよりますが、アジングの場合ロッドも短いですし、ショックリーダーの長さは40~50㎝程度で十分だと思います。
だだし、根のキツイ釣り場ではもう少し長めにとった方がいいでしょう。

リーダーの結び方

アジングで使われるリーダーと道糸の結び方には、電車結び、FGノット、ノーネームノットなどがあります。電車結びは抜けやすいという噂もありFGノットはやや難しいのでノーネームノットがおすすめです。

ノーネームノット

ノーネームノット
①リーダーで8の字をつくる。
②8の字にPEラインを通して、スプール側に7~8回巻き付ける。
③ハーフヒッチで留めたら折り返して巻き付けていく。
④折り返したPEを8の字に通したら、口でPE支線、手でPE本線とリーダー本線を掴み、締める。
⑤PE支線を左右交互にハーフヒッチで編み込んでいく。
⑥最後だけ輪をつくり、内側に3、4回くぐらせ、締める。

FGノット

電車結び

電車結び
①接続したい糸を平行に重ねる。
②片方の糸を折り返して輪をつくる。
③輪の内側の糸ともう一方の糸に端糸を4、5回巻き付ける。
④端糸と本線をゆっくりと引いて結び目をつくる。
⑤反対側も同じようにして結び目をつくる。
⑥両方の本線を引いて結び目同士を結合させ、余った糸を切る。

おすすめのリーダー

  • VARIVAS アジングマスター ショックリーダー
  • ダイワ 月下美人 リーダー
  • シーガー R18 フロロリミテッド
  • ティクト ライトゲームコンパクトショックリーダー