アジングのラインはPE?エステル?

アジングに使われるラインの種類と特徴

アジングで使用されるラインの素材には、主にナイロン、フロロカーボ、ポリエステル、PEの4種類があります。

素材 ナイロン エステル フロロ PE
柔らか 硬め 硬い 柔らか?
比重 普通 普通 重い 軽い
伸び よく伸びる あまり伸びない あまり伸びない ほとんど伸びない
感度 低い 高い 高い 非常に高い

それぞれの特徴としては、PE→感度がいい、細いラインが使える(飛距離が出せる)、沈みにくい、ポリエステル→感度がいい、急な衝撃に弱い、くせがつきやすくトラブル多め、フロロ→感度まずまず、スレに強い、ナイロン→感度が悪い、よく延びるのでバラシにくい、劣化が早い、といった感じです。
おすすめとしては、ジグヘッド単体でやる場合はフロロカーボン、スプリットショットリグやキャロライナリグの場合はPEラインを使用することです。ナイロンは感度が悪すぎますし、エステルラインは使いづらいと思います。

必要な太さ

アジングで使用するラインの太さは、ナイロン、エステル、フロロで2~8lb、PEで0.2~0.6号といったところです。
基本的に細いを方が空気や水の抵抗を減らせるので操作がしやすくなりますが、細すぎると軽い仕掛けがうまく飛ばなかったり、ちょっとした風でトラブルがおきたり、大きいサイズのアジが掛かった時に切れてしまったりするので、釣り場の状況と釣れている魚のサイズに合った太さのラインを選びましょう。

リーダーの結び方

アジングの場合、フロロカーボンラインやエステルラインではリーダーは必要ないとおもいますが、PEラインを使用する時は30cm~100cmのフロロカーボンのリーダーを結ぶ必要があります。
結び方としては、FGノットやノーネームノットが一般的です。

ノーネームノット

ノーネームノット
①リーダーで8の字をつくる。
②8の字にPEラインを通して、スプール側に7~8回巻き付ける。
③ハーフヒッチで留めたら折り返して巻き付けていく。
④折り返したPEを8の字に通したら、口でPE支線、手でPE本線とリーダー本線を掴み、締める。
⑤PE支線を左右交互にハーフヒッチで編み込んでいく。
⑥最後だけ輪をつくり、内側に3、4回くぐらせ、締める。

FGノット

おすすめのライン

  • ダイワ 月下美人ライン月ノ響 (PE)
  • モーリスライン アジングマスター フロロ
  • 34 ピンキー(エステル)
  • モーリスライン バリバス アジングマスター ショックリーダー