釣れるエギの選び方!

エギとは?

エギはルアー(疑似餌)の一種であり、プラスチックなどで造られたボディーの頭部にラインを結ぶためのアイまたは口糸、尾にイカをかけるためのカンナと呼ばれるハリがついています。
また、目の下あたりにオモリが装着されており、水中で自由に落下させれば頭を下にして沈んでいくようにできています。
エギとは

サイズ

エギの大きさは号数によって表記され、1号から4.5号までが一般に販売されているサイズです。
1号=1寸=3㎝が基準となっているので各エギのサイズはおおよそ以下のようになります。

エギの号数 全長 重さ(目安)
2号 6㎝ 5g
2.5号 7.5㎝ 10g
3号 9㎝ 15g
3.5号 10.5㎝ 20g
4号 12㎝ 25g

エギのサイズは釣りるイカの大きさに合わせて、秋の小型アオリイカ→3号、春の大型アオリイカ→3.5号を標準に考えておき、浅場を狙う時は号数を落とし、深場を狙う時は号数をあげるのがよいでしょう。

重さ

サイズはメーカーが違ってもだいだい同じですが、重さはメーカーや製品ごとに異なりますので注意が必要です。例えば代表的なエギメーカーであるヤマシタのエギ王Qでは以下のようになっています。

タイプ 全長 重さ 沈下スピード
ベーシックタイプ3.5号 105mm 20.5g 3~3.5秒/m
シャロータイプ3.5号 105mm 19g 5.5-6秒/m
ディープタイプ3.5号 105mm 22g 2.3-2.7秒/m

つまり重さによってエギの沈んでいく速度が異なるわけです。一概にどれがいいというわけではありませんが、数種類もっておけば攻めたかを変えることができます。

カラー

販売されているエギのカラーはピンク、オレンジ、レッド、ブルー、グリーン、夜光など実に様々です。
日中はアジなどを模したナチュラルなカラー、夜間や濁りが入った時はブルー系などといわれますが、正直それほど関係あるとは思えないので、最もよく使われるのはピンクやオレンジ系で十分だと思います。
アオリイカは非常に貪欲で、アジ、イワシ、小サバ、小メジナ、ネンブツダイ、メバル、カレイ、エビ類など実に様々な小魚や甲殻類を捕食するためカラーよりもイカの注目を引く動きの方が重要だと思います。
アオリイカの捕食している魚

収納にはエギケースが便利

エギはサイズなどを変えて何種類も持っていくのが普通ですからエギケースと呼ばれる収納用のケースを使うのがおすすめです。
エギケース

おすすめのエギ

おすすめのエギ

  • ダイワ エメラルダスシリーズ
  • ヤマシタ エギ王Qシリーズ
  • ヨーズリ アオリーQシリーズ
  • シマノ セフィア エギザイルシリーズ
  • デュエル EZ-Qシリーズ